2008年09月13日

予言は放言?

今日、9月13日はジュセリーノと言うブラジルのおっさんが豊田市の隣町、愛知県岡崎市でマグニチュード8.6の大地震が発生する可能性があり600名の死者と3万戸の家屋が失われる可能性があると言っている日だ。予言では午前3時頃に起こるらしいが、私の時計は既に午前7時を廻っている。こんなに明るいのに正式にはまだ3時を過ぎていないらしい。

さて、ここで、色々矛盾点を突いてみよう。このおっさんの最近の予言は
  • 4月 モスクワから100km近郊でマグニチュード6.8の地震が発生⇒ない
  • 5月 太陽面活動が活発化し、地球温暖化がさらに加速⇒誰もが予言可能。太陽は11年周期で活発化しているのは知られており、現在は活発な時期ではない
  • 5月 千葉でマグニチュード7.2の地震が発生⇒ない
  • 6月14日 岩手でマグニチュード7.0の地震⇒一見して当たりだが実は公開されたのが7月23日
  • 7月 強い台風が日本を襲い、多数の死者を出す可能性⇒未だ本州上陸1つもなし
  • 7月18日 フィリピンでマグニチュード8.1の大地震が起きて数千人が死亡する⇒ない
  • 8月 東京でマグニチュード6.5の地震が起きる⇒ない
  • 8月27日 大きな台風が日本と中国、韓国を直撃⇒ない
勿論、予言はこれだけではなくもっと沢山あって、地球のそこらじゅうで地震や災害の予言をしている。これだけ予言していればいずれ当たることも考えられる。オウム真理教も阪神淡路大震災を当てたと言っており、この類は後出しじゃんけんが非常に多い。そもそもこの予言はM9.1の巨大地震が中国で起こり、100万人の死者を出す。但し中国で地震が起こらない場合は、岡崎で起こると言っており、ズバリ岡崎とは言っていないのだ。今回、何故に岡崎だけがこんなに取り上げられるのかが非常に疑問だ。日本での本の宣伝かとも思ってしまう。ちなみに出版社はソフトバンククリエイティブ。やりそうだ(笑)

そして科学的に言うと、岡崎市には確認された活断層はなく(岡崎市公式サイトより)断層地震は考えにくい。近隣の断層では猿投・境川断層(豊田市)、猿投山北断層(瀬戸市)、笠原断層(瀬戸市)が危険といわれている。また、大陸プレートの移動となると岡崎は内陸なので震源がかなり深いところになる。震源が深い場合、震度が大きくなる事例が少ないと言われている。岡崎を中心にして大地震が起こる事は、私が東大に入れる位の確率と思われる。

この予言はちょっと前の大雨だったと訂正すれば当たりなんでしょうね。

防災の日:災害に備えて 中部国際空港で訓練 震度6弱の地震発生想定 /愛知
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080902-00000011-mailo-l23


posted by Yukki at 07:35| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 豊田市ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

マグニチュード8.6 震度
Excerpt: 知ってますかぁ〜〜こんなことすごい!!私だけですかね〜〜知らなかったのは・・・・・・・・・・・・「13日に大地震、100万人が死亡」 予言で海南省の住民がパニックに-中国Web-Tabジュセリーノ氏は..
Weblog: Eee PC 4G-X (ギャラクシーブラック) EEEPC4G-BK003X
Tracked: 2008-09-13 10:37


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。