2008年09月27日

豊田市で今一番リスクが高いのは不動産投資

ゴルフ効果か、宮城県大崎市が1位=外国人の平均宿泊数−国交省調査
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000145-jij-pol

国土交通省が25日発表した今年4−6月期の宿泊旅行統計調査結果で、外国人1人当たりの平均宿泊数は、市区町村別で豊田市が全国2位になった。喜ばしいようにも見えるが、調査の根本を見るとなんかおかしい。調査市町村は214。

同時に発表されたデーターでは豊田市は延べ宿泊者数153930人で105位、実宿泊者数91380人で130位、外国人実宿泊者数4100人で78位、稼働率は37.6%で108位、で全然おいしくないのだ。ただ単に外国人宿泊者の平均宿泊数と言う観光の街以外には何の役にも立たない統計情報に、田舎町が踊らされているだけなのだ。

今、愛知県豊田市は異常なマンションブームである。ワンルームマンション建設もかなり行われている。また、土地も異常に高い。中心部は坪50万円位だ。また、私が知っているだけで豊田市駅周辺でホテルが2棟建設されるようだ。

そもそも交通の便が悪く名古屋の栄まで行くのに1時間以上かかるのは距離が2倍以上の豊橋市より遠い。名古屋のベットタウンとはお世辞にも言えない。トヨタ自動車も減産で派遣の業界は非常に厳しいと聞く。街の人口のキャパとして建築士の私が見てもかなり飽和状態だ。

正直な建築屋や不動産屋ならとても不動産投資は勧められない土地だ。バブルを助長するような報道は地元民の混乱を招くだけで正直やめて欲しい。

全然関係ない話だが、先週、ネットで72,500円で買ったノートパソコンが○×△□豊田※店で139,800円で売っていた。安いとCMで言っているんだけどね??



posted by Yukki at 23:28| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊田市出来事・考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。