2008年10月13日

足助祭り・猿投祭り・寺部祭り

先週の平井の山車が上手く取材できず、なんとか挽回しなきゃ行けないと思い、足助祭りを始めて写しに行った。叔父が足助出身で出しの組み立てをビデオで見た事があるが、ほとんど知識はない。午後3時に寺部に行かなきゃ行けないので、午前中に取材を済ませようと家族総出で9時前に家を出る。祭りは7時20分から始まっており、メインの宮入である10時20分に間に合うようにだ。

出役棚の上で踊る姿はとても面白い。挙母祭りと違い、車輪が山車の中にあり、軽く作られている。切り返しもスムーズで怪我人が出る事はなさそう。

山車の屋根に乗る事は無く、山の上部にいる人は全て紋付袴である。進軍ラッパや、鶏冠のような髪型の若い衆もいない。紙吹雪もない。実は挙母祭りも戦前はこのようなスタイルだったと聞いている。子供が挙母祭りに参加したいけど怖くてやれないと聞いた事がある。特に地元だけど。ずいぶんおとなしくはなったけどね。

挙母祭りのように人は多いわ、訳の分からん奴は多いわ、自己中なカメラマンは多いわ、と言う雰囲気は全く無く、とても上品だ。落ち着いて見るならこちらの方がお勧めかも。

前日の夜は猿投祭り、午後3時からは寺部祭りと10月の2週の土日は本当に忙しい。来週はいよいよ挙母祭りです。息子は地元の法被を借りてきて出る気満々らしいが、土曜日の午前中は幼稚園の面接がある。私も行くので少し手を抜きます。

3つのお祭りは[DTB 挙母祭り」をご覧下さい

写真、動画が沢山あります!

県内各地の神社で秋祭り(和歌山)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081012-00000001-agara-l30



posted by Yukki at 11:18| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊田市イベント・祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。