2008年12月06日

日本人に裁判員制度は向いていない

受け取り拒否でも免除なし、候補通知未開封で返送の人も
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081205-00000046-yom-soci

国民の350人に1人に通知されたと言われる裁判員候補者名簿に登録された人が、先月末に最高裁から郵送されてきた通知を開封せず、送り返すケースがあることが分かった。なるほど、よく考えたもんだ。でも拒否は出来ないみたいなので意味ないです。私の会社にこの通知を受け取った人がいるが、この人に判決をもらうのは被告人は気の毒じゃないかと思うくらい。そもそも受け取った事自体、他人に言うのはいけないのだが...

そもそもこの裁判員制度は私は日本人には向いていないアホな制度と思っている。日本人のほとんどが「寄らば大樹の陰」のように自分の意見をしっかりと持たない人が多い民族は無理だと思う。

私が考える問題点は、第一に、現状では2人殺人した場合は死刑と言う変なハードルがあるが、それが無くなるだろう。言わば死刑の乱発が行われる危険性がある。与党国会議員の中にも死刑廃止議論があり、いくら国民が死刑を支持している人が多いとは言え、3日そこそこ裁判に参加した裁判員が人の命を奪う事をして良いのだろうか。名古屋OL拉致殺害事件については本当に気の毒だと思うけど...。

次に正確な判断能力が日本人に備わっているのか疑問だ。もうめんどくさいと思えば議論に参加しないだろうし、何も根拠がないのに意見が多い方に誘導されるだろう。1日10000円でやる気は出る人は少ないだろう。

最後に一番問題なのは、現状は捜査が自白に頼りすぎる点だ。冤罪事件は残念ながら今でもあるし、起訴状にある事件を客観的に判断できるかが甚だ疑問だ。国民の誰もが犯人だと思ったがそうでなかった事件は最近では、松本サリン事件香川3人殺害事件、恐喝未遂罪に問われたタレントと元プロボクシング世界王者がある。現在上告中で自白に頼りすぎている豊川市男児連れ去り殺人事件、仙台筋弛緩剤投与殺人事件など3日で判断できるの?基本は「疑わしきは無罪」である。これが日本人には理解できるのか?

千葉5歳女児死体遺棄事件の容疑者が既に顔入りで報道されているが、精神異常者だったらどうするんだろう... 

裁判員制度はやらなくてもいいとは思わないが、もっと国民を教育すべきである。義務教育中に基本を叩き込むべきであろう。あと20年はかかるよね。

俺の所には通知は来なかったが、もし来たら自白は信用できないので物証がないなら全て無罪にしようと思っている。ある意味、検察にとってめんどくさい奴が選ばれなかったので、幸せかも(笑)

11月のアクセスベスト10
  1. プチプチで窓断熱やってみました
  2. 事故多すぎの豊田市の公園
  3. かかみがはら航空宇宙科学博物館
  4. 田母神前爆笑王
  5. コンサートホール10周年とイルミネーション
  6. サッカー天皇杯の便乗イベント
  7. トヨタ自動車が復活するのは簡単?
  8. 豊田市の総理、元総理の息子と対決!
  9. 挙母まつり終わりました
  10. 豊田市は「みぞゆう」の経験


posted by Yukki at 23:16| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・法律・犯罪・裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。