2009年01月13日

便利が何でも優先する訳ではない

大衆薬のネット販売6月禁止へ
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090104-00000569-san-soci

私自身、様々な規制は緩和するべきだと思ってはいるが、唯一賛成できないのは、薬のネット販売の野放し状態だ。楽天やヤフーなどでは署名活動を展開しているが、その理由が「不便になるから、薬剤師や薬局の利益を守る為のもの」と少し論点がおかしい。

ちなみに私の母親は薬剤師で、私は薬に限ってはそこらのど素人と同じではない。

市販薬はかなり弱めには作ってはあるが、限度を超えると危険である。咳止めシロップとか結構危険。対面販売であれば、むやみやたらな量は販売しないだろうし、飲み合わせで危険にもなるから、その点は考えられてもらえる。ネット販売ではそんな事は全く分からない。プロに教えを請う事は大切だ。

私みたいに薬は危険だと思っている人はいいのだが、ネットで気軽に薬を買いたいと思う奴は危険性を分っていない。そういう奴に限って何かあると五月蝿い。これもある意味、振り込め詐欺対策みたいなアホに基準をあわせる馬鹿基準なのか?

ただ、薬で治すより、医者に行く方が安いんだけどね。

でも、今年からコンビニでほとんどの薬が買えるようになるんだけどね。何か匂う。



posted by Yukki at 23:34| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・法律・犯罪・裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。