2009年02月15日

世襲議員の選挙の軽さ

小渕少子化担当相おめでた 現職閣僚の妊娠は初
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090215-00000542-san-pol

子供が産まれるのは喜ばしいし、めでたいのは違いない。しかしだ、9月末に出産予定はいただけない。仕込んだのは12月頃と予想できるが、その時期は衆議院解散を示唆されていたし、解散がないとしても9月の初めには任期満了になり選挙は絶対にある。

選挙は命がけだし、自分も大変、お腹の中の子も大変、そして、選挙を手伝う支援者はもっと大変なのです。親から受け継いだ地盤で選挙は楽勝だからか?

確実にある選挙の事を考えれば、今年、子供を作るのは軽率だと思う。まだ35歳と若いし来年でもよかったのでは?と思っている地元の人もいると思う。公人だからね。

次回、愛知県知事選挙は平成23年2月、豊田市議会議員・愛知県議会議員選挙は平成23年4月、豊田市長選挙は平成24年2月です。



posted by Yukki at 22:46| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・法律・犯罪・裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愛知県豊田市には 自動車のトヨタがある
市税も多いのであろう。でも 空き地もまだ多い
名古屋発
Posted by アルトラマン 政治 at 2009年12月16日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。