2009年04月14日

正しい英語は国際化の基本

低炭素社会へ5年間で62事業  豊田市が行動計画策定
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090410-00000000-cnc-l23

最近、愛知県豊田市内を走る、おいでんバスに「ハイブリッド・シティとよた」と言うステッカーが貼ってある。今流行りの言葉ではあるが、よくよく意味を突き詰めると「動植物の雑種」「異質のものの混成物」「電気信号を、相互の干渉なく、結合または分離する装置」であり、それが地域と市が何の関係があるのか全く分らない。ハイブリッドのバスでもないし、動力が2つある市か?マジンガーZのあしゅら男爵か?

流行の英語を適当に使っただけで、外人が見れば何だこりゃと思うに違いない。Super Everyday Discount と同じだ。

日本の国際化は遠い...



posted by Yukki at 22:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊田市ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。