2009年05月30日

豊田市は取引できる土地が少ない

農地を不正転用容疑=不動産業者を取調べ−豊田市や県事務所も捜索・愛知県警
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000082-jij-soci

豊田市は田舎だけあってとても農地が多い。このような農地転用に関する問題は多い。そもそも人口規模に対して市街化調整区域が多すぎて使える土地が少ない。工業都市であるにもかかわらずある程度の規模の建物が建てられない。名古屋からのアクセスの悪さからすると坪100万円近い市街地の取引は異常な金額だ。

だからと言ってこのような違法行為は許されないが、土地政策・農地政策が悪いと言っても過言ではない。取引できる土地が多ければこのような違法行為は少ないでしょうし。下の地図は実際に取引された土地であるが、田圃にするにも畑にするにも中途半端だ。

また、犯罪ではないにしろ多額の補助金を国からもらって農地を整備したにもかかわらず、倉庫にしたと言う問題も起こっている。

豊田の優良農地に倉庫群 国など転用許可(中日新聞)

ランキングはこちらをクリック! blogram投票ボタン

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 豊田情報へ←投票してください(クリックのみでOK)。本人が喜びます!




posted by Yukki at 07:57| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊田市出来事・考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。