2009年08月26日

最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票に行ってきた

昨日、衆議院議員選挙と最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票に豊田市役所南庁舎4F(愛知県豊田市元城町)に行ってきた。午後7時半を過ぎていたが、投票する人は沢山いた。衆議院選挙は不特定多数の人に誰を入れたか言うと公職選挙法に抵触しそうなので、秘密です。ただ、与党になりそうな政党には投票していません。嫌いな人がいるので(このブログの回答みたいだけど)

国民審査は二人の裁判官に×を付けてきました。二人とも有名な冤罪の可能性が極めて高い事件で有罪としたもの。裁判の基本は疑わしきは罰せずだ。疑わしいものは有罪で、やっていない事は被疑者が証明する必要があると言っているようなもの。これでは無実で捕まった人は何千万円と言う弁護士費用等が必要で国民を陥れる裁判官と言わざるを得ない。

ただ、有効投票の過半数が罷免を求めた場合にクビになるだけで、今まで罷免された裁判官はいない。自分がいつ冤罪事件に巻き込まれるかわからない。その時に自分がやっていない事を親身に聞いてくれる裁判官が必要だと思うなら、もう少し考えて投票しましょう。みなさん勉強しなさすぎですよー。

30日「国民審査」 最高裁裁判官9人に聞く
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090824-00000041-san-pol

blogram投票ボタン にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 豊田情報へ←投票してください(クリックのみでOK)。本人が喜びます!



posted by Yukki at 06:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・法律・犯罪・裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。