2010年06月27日

豊田市出身力士は野球賭博部屋に在籍

<大相撲>野球賭博の実態を証言…阿武松部屋の元幕内力士
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100626-00000042-mai-soci

大関・琴光喜関(佐渡ケ嶽部屋・岡崎市出身)に野球賭博を仲介していた床山や元幕下力士が所属し、力士の半数にあたる約10人が野球賭博への関与を自己申告した阿武松部屋(おうのまつ)。所属十両力士に愛知県豊田市出身で猿投台中学校卒業の益荒海幸太(21)がいます。

ちなみに阿武松部屋の関取(十両以上)は5人であり、内十両は3名で大道健二(十8・東京)、古市貞秀(十12・大阪)、益荒海幸太(十14)。古市関が琴光喜関への恐喝容疑で逮捕された容疑者の弟。

おそらく琴光喜関は引退で、阿武松部屋も所属力士も何らかの処分を受ける可能性がある(益荒海は7/4に無処分決定)。豊田市出身力士では春ノ山に続く二人目で、こんな形で注目されるのはとても残念だ。

新たに十両に昇進する豊田市出身の力士「益荒海」関が豊田市長を表敬訪問(平成22年1月29日)
 http://www.city.toyota.aichi.jp/pressrelease/1206708_7011.html

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 豊田情報へ  blogram投票ボタン
↑投票してください(クリックのみでOK)。本人が喜びます!



posted by Yukki at 08:45| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊田市ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。