2006年09月30日

補助金イベント

/エンタの神様 ベストセレクションVol.1今日、明日と豊田市駅前アンジャッシュなどお笑い芸人9組が出演するイベントがあったので行ってみた。とよたまちパワーフェスタは年に何回か行われるイベントで、今回は豪華だ。会場まで行くと2階の通路まで人がいて超満員。今日は4組出たが、笑いに厳しい私は笑ったのは1回のみ。まじで最近の芸人は面白くない。芸どころ名古屋は芸に厳しい人ばかりで名古屋で成功したら全国で通用するとと言われるほどなのに最近は甘い。

さて、私の奥さんは関東のある県庁所在地出身なのだが、豊田は異常にイベントが多いと言う。確かに先週は産業フェスタ、来週はジョイカルウェイブ、再来週は挙母祭り(これは作られたイベントとは言えないが)と。各イベントは豊田市が後援しており、豊田まちづくり(TMO事業として補助金が出る会社)が主催者に入っている。

各イベントには何らかの行政からの補助金が出ており、補助金イベントが乱発しているように思われる。自力イベントなんてほとんどない。まぁそれはどこでも同じだと思いますが。それが商店街の振興とかの名目にはなっていると思いますが、とてもそうは思えない。要するに単発のイベントばかりで何かを街に持ってきてイベントして終わりと言うスタンスが多いからだ。沢山の人を巻き込んで苦労して作ったと言う姿勢が見えないから何やっても盛り上がりに欠けるのだ。質より量なんでしょうか。毎週何かやらないと客が来ないじゃないかと思っているシンドロームか?先にお金がありきだから発想が貧困なんでしょうね。

足助は街全体でするイベントが多くて学ぶべきものは非常に多い。足助には観光のカリスマ小澤庄一氏がおり、このような人材が下町に必要ではないかと思う。



ラベル:芸人 お笑い
posted by Yukki at 23:48| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 豊田市イベント・祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回のまちパワーフェスタで配られている
「クリムト」の書類ファイル見ました?
又無駄遣いです!
しかも「ヤンチャタウン」自体大型店に地元商店街が一致団結して負けないように頑張ろうという趣旨だったはずなのに、そのイベントの記念品の大部分を仮想敵の大型店サービースカウンターで配っているちぐはぐさ!「豊田まちづくり(株)」にまかせるといつもこんな調子です。自分の会社がT-faceにあるせいなんでしょうか?
だいたいこのファイルを配っているなんて地元商店街の人たちでもほとんど知らないンだから・・・。
いい加減にして欲しいと思いますよ!
Posted by カメラ小僧 at 2006年10月01日 12:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。