2006年11月11日

豊田おいでんまつり縮小へ

豊田おいでんまつり縮小−暴徒化受け中間答申案(中日新聞)

ここ数年、暴徒化がひどかった豊田おいDQNまつりですが、懇談会が中間答申案を発表。大幅に縮小される案になった。昭和・竹生両町など住宅の多い地域を外され、私の家の前は静かになる。ただ、都心にも人は住んでいる訳で、五月蝿いままの人だっているから都心からスタジアムに会場を変更すると言う案があっただけに可愛そうだ。

日程も1日に減らし、総踊りの参加人数は5〜6000人規模で、現在の規模の8割減。私が見た感じ3割強がだらだらヤンキーやキャミスケスケのグループ。残りの5割はどのグループを削減するのだろうか?親父は地元グループで「来年からやらんでもすむ(ホッ)」と言っていたが(笑)

花火大会もナイヤガラ大瀑布で暴徒化しているので何とかしなくちゃね。







posted by Yukki at 23:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊田市イベント・祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。