2007年02月06日

よい建築とは?

雑記帳 奇抜な外観のホテル移転へ 東京・上野
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070206-00000012-maip-soci

私が思っているよい建築とは

 1.構造的に無理をしていないデザインである
 2.建設費、維持費が経済的である
 3.内部者、外部者共に使いやすい

どれも当てはまっていないのがこんなビルでしょうか?有名な建築家に頼むとこんなんが出来ます。ちなみにこんなニュースも

県営住宅建設費訴訟:「高額ではない」 地裁、住民の訴え棄却 /岐阜
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070201-00000110-mailo-l21

あまりに奇抜なデザインで設計費、建築費が通常よりも多額になりその損失を賠償しろと言う訴訟。賛否両論ある変わった集合住宅です。

基本的に建築家のコンセプトに入居者が合わせる事はないのです。自分の考えを押し付ける事ができる立場だからこそ、そこに住む人たちの事を最大限に考える事が大切なのです。それを忘れた人は建築家ではなくただの芸術家です。

たまにまじめな事を言ってみる...

タグ:良品
posted by Yukki at 22:33| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築基準法・建築考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32985715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。