2007年04月30日

コモ・スクエアに行ってみた

「何でも最初が肝心」と、これほど思った事はない。

豊田市駅前南地区の再開発ビルCOMO squareの商業棟が27日オープンしたので、あるレストランに家族で食事に行った。

普通のレストランなのに、とにかく音楽がうるさい。不快と思うくらい。そんなに高くない料理を注文し、食べていると突然冷房が全開となる。小さい子供がいるので、ゆるくして欲しいと頼んでも一向に小さくならない。最後に1000円以上のレシートでオープン記念懸賞の抽選に応募できるのだが、店員がレシート発行を忘れる。再発行が出来ないと言う。そして、駐車券は料理が5000円以上の場合と今まで聞いたとこがないシステム(フリーパーキング加盟店のほとんどの店で買い物だけで3時間無料)。めんどくさいが図書館に寄って本を借りる。

至れり尽くせりのダメージを被った。他人に勧めたい店と言う訳でもない。奥さんは気が済んだらしい。

豊田市中心市街地の人口は崇化館中学校区で24532人(7/4/1現在)。朝日丘、豊南、竜神、逢妻、末野原学区より少ないのである。実は頼りである地元は購買力が非常に弱いのである。駅に降り立ち、わざわざ立ち寄るほどの魅力はあるのか少し疑問である。昔、旧長崎屋の1階にあった屋台村(竃L田まちづくりの前身である鰍ニよた商人の企画店舗。屋台村も一種の流行だったけど)のように短命で終わらなければいいのだが...。



ラベル:開店 飲食店
posted by Yukki at 20:26| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊田市出来事・考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。