2007年10月07日

豊田市最初の山車が出る秋祭り

「はんだ山車まつり」31台ずらり 華麗、巧み、豪快に
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000016-cnc-l23

山車が出るお祭りで愛知県内で最も有名な御祭りが、昨日から行われている「はんだ山車祭り」。しかし、豊田市では毎年同じ日に(10月第一土曜日・日曜日)、山車が出るお祭り平井八幡宮大祭が行われる。歴史は江戸時代初期からのようで300年はあるようだ。時間があれば毎年見に行くのだが、マスコミは誰も来ていない。格好の取材源なのに...

平井町、百々(どうど)町の二台の山車が出る。挙母祭りの出しに比べ軽い、但し半田ほどの軽さはない。ぶん回しも軽々出来る(動画参照)。挙母祭りは爆竹やるとメチャメチャ怒られますが平井はOK。七度参り中止とかになります。

さて、初めて息子を連れてきて、菓子撒きがあったので奥さんと参加させた。菓子拾いプロ級のおばちゃんが横にいたおかげで菓子を入れる袋をもらったり、菓子のおすそ分けがあったようで沢山のお菓子をもらってきた。流石、幼児の特権だ。


愛知県神社庁のホームページによると豊田市内の神社は373社、八幡と言う名がつく神社は56社。神明は84社、八柱は32社。この名前上位三社で46%を占める。神社の名前はそんなにバラエティーに富んではないのだ。



posted by Yukki at 21:28| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 豊田市イベント・祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
平井のお祭り取り上げてくれてありがとうございます。ぼくは小学生です。子供囃子で頑張ってます。
Posted by 小鼓叩き at 2007年10月17日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。